2016年10月22日

もんころリターンズ第4話@OP

ARA2Eもんころリターンズリプレイ第4話「薔薇の盗賊団」。
成長報告とOPです。

 
------------------------------------

アリアンロッド2Eリプレイ もんころリターンズ
第4話「薔薇の盗賊団」



GM:今回予告!
 ロココ町へもどってきた4人を待っていたのはフラボノとラスク
 ではなく街の憲兵だった
 突然突きつけられた憲兵からの出頭命令
 それは町長の宝石を盗んだという身に覚えのないものだった
 二つの宝石を渡すように言われる4人
 そしてそのまま牢獄へと送られてしまうのだった
 一体何が起こっているのか、ティアストーンを狙う真の敵が姿を現す

 アリアンロッド・モンコロリターンズ 第4話「薔薇の盗賊団」
 冒険の舞台が君を待つ!!


アクラ:憲兵!?
テルル:ええ……!? 衝撃の今回予告……
ゼクト:か、かえりたくなくなってしまった!
アクラ:薔薇……2つ? で、いいのか?
フロンティア:どうやら3つ持ってることを知らないごようす
ゼクト:三つ持ってたらなんか起こってるって思ってるパターン?(
テルル:うーん……
アクラ:誰だろう
 遺跡で(もらった):ダイナストカバル知ってる
 ポリンキー伯爵:人形知ってる
 火山:町長知ってる
 博士つかまったしなぁ

テルル:(予告の文面からなんとなく予想はしていますが
 楽しみにしておきましょう……

アクラ:そういう知り合いいたっけか……(うーん
ゼクト:っていうか町長ェていう
テルル:とりあえず成長報告……?
フロンティア:ですね 終わってる人からどうぞ!

アクラ:じゃあいこう
 LVUP22→23 フェイト8 【器用】【敏捷】【感知】をUP。
 HP263 MP149【ギルドスキルHP+30・MP+20】HP293 MP169
 《ネバーギブアップ》:セットアップ、HPを全回復。シナリオ1回。
 《ドラゴンソウル》5
 これで《エンシェントソウル》:《ドラゴンソウル》の判定+1d→判定+2dに変更。
 《ドラゴンソウル》6回使えるように!

ゼクト:すごーい!
テルル:わぁ……!
アクラ:一般スキルで《アンチトラップ》
 買い物はGHPP1、HMPP5、万能薬、くらいかな。
 あとゼクトから飛翔符2つもらいました。
 感知系弱いから、[危険感知]と[トラップ探知]に+1できる一般スキルにしました!

テルル:頼もしいです
アクラ:以上かな。

ゼクト:じゃあ僕いこうかな
 Lv22→23 Fate11 【器用】【敏捷】【感知】をあげて
 HP183(213) MP188(208) ※()内はギルドサポートコミ
 称号クラスを取得バンガードに

アクラ:バンガード!
テルル:ゼクトくんもついに称号クラスに
ゼクト:今日改めてスキル見てたらよくないかなって思ってとることに
アクラ:かっこいいよなー
テルル:頼もしい
ゼクト:《バリアントマジック》《リデュース》を取得。
 敵の攻撃ダメージを根元から減らしにかかるよ(回数シーン1だけど!
 装備は所持品を通常のバックパックから異次元バッグに変更、
 飛翔符をアクラに渡して崩壊の角笛を5個大人買いしました。以上(`・ω・´)

テルル:大人買い……!
ゼクト:全部に乗る!
 《プロテクション》よりもっと速攻で役に立つようなスキルのとり方をした(
 今からがんばっても時間かかるから無理そうなんだもん

テルル:ダメージの軽減じゃないから軽減できないスキルも抜けられるし、
 いいんじゃないかな

ゼクト:(`・ω・´)役に立つよー!
アクラ:わー

テルル:じゃあ次いきますね
 23レベルになりました HP149+30 MP244+20 フェイトをのばして12点
 【敏捷】【知力】【感知】を上げました
 スキルは《スキルエボルブ》3と《ロングスペル》
 範囲がいらなければ浮いていたムーブでも火力を上げられるように
 アイテムはミスティックガーブとファストハットを買って
 ガードローブとミスティックサークルは売却
 あとはGMPPと小道具入れを買いました
 防具の効果で一回だけ魔術判定で回避できるようになりました
 以上……のはず

ゼクト:おおー!
アクラ:おー
テルル:アクラさんの負担を減らせれば……!
GM:回避されまくって涙目のボスがかわいそうだろ!
テルル:命中高いじゃないですかー!
ゼクト:そんなに回避できてないです!
アクラ:俺も最近よく当たる気が
GM:すごいがんばると避けれる 位を目指したいです
アクラ:おお
テルル:(クリティカルorダイ……?
ゼクト:回避特化のはずの僕がすごいがんばってもそこそこ当たってるきがしなくもない(統計はとってない
GM:HAHAHA

フロンティア:ではわたしですが買い物してませんでした
 Lv23 フェイト11→14 【筋力】【器用】【精神】を上げて HP228 MP215
 《チェンジショット》と《セルフサクリファイス》を取得
 あんまりないと思いますけど攻撃が届かなかったとき用と
 ダメージの肩代わりスキルですね

アクラ:おー
テルル:肩代わり……!
ゼクト:わーいありがたい!
フロンティア:HPがあまってたらかわりにうけます あまってたらね
テルル:これでなんと誰もエンゲージしてなくても攻撃手段が持てるように
ゼクト:すごい
アクラ:おお
フロンティア:装備のこと考えてませんでしたアイテムガイド見ないと…!
 とりあえず以上!

ゼクト:皆順等に強くなる(`・ω・´)
テルル:強く……!
フロンティア:おっ 武器はピアシングスターが良さそうな感じですね
テルル:いい感じに重い武器が
アクラ:打撃? 槍だっけ(ぱらぱら
テルル:そういえば打撃じゃないと使えないスキル問題は
 《ツインギミック》で無理やり打撃にしている……?

フロンティア:そうすると格闘スキルが適用されないので結局使ってないんですよね
 《アソートウェポン》を取るべきですかね 槍を打撃に変更できます

テルル:しかしセットアップ……
フロンティア:そうなんですよねー いっそのことなかったことにして
 《オース》だったということに変更するべきでしょうかね

テルル:リビルドも有りかと……
フロンティア:ではこそっと 一番いいスキルをたのむ ゆびぱっちん!
GM:神(GM)は言っている 別にいいよ! と
テルル:ゆるい!
ゼクト:まあ皆もいいよって思ってるし(たぶん
テルル:こくこく
アクラ:大丈夫だ、問題ない
テルル:新しいギルドサポートはどうしましょう
 《命の滴》か《協調行動:攻撃支援》か《目利き》……?

ゼクト:《目利き》はおいておこう!←言い出しっぺ
テルル:じゃ、じゃあおいておこう
アクラ:《協調行動》は1回か、でもあると強力だな(敵のリアクション-1d
テルル:《セルフサクリファイス》も入ってきたので《命の滴》の意義はありますが
 《協調行動》もそれなりに仕事はしてくれるかと

ゼクト:悩み所だね
 前回見たいに一気にやるなら《協調行動》の方がおいしそうだけど

テルル:そうなんですよねぇ……《協調行動》かなぁ
アクラ:この手のスキルとったことないしな! せっかくだし
ゼクト:うん!
テルル:では《協調:攻撃支援》……!
アクラ:おー
テルル:フレーバーテキスト的にはゼクトくんの指示でみんな動く感じに
ゼクト:実はいつも協調してた(
テルル:目のつけどころが妨害に(
アクラ:おお
テルル:では持っていくスキルは《蘇生》《祝福》《陣形》《限界突破》《最後の力》
 《協調:攻撃支援》《再行動》《結束》
 《GH:モデルルーム》《GH:クアハウス》《GH:ギルドマンション》
 《GH:ガーデン》《GH:工房》で(23レベル分

ゼクト:いっぱいある
テルル:ほぼほぼ1であとは2と3が少しに5が一個なので数がいっぱいに
アクラ:LV上限あるからなぁ(持って行けたらいいのに
ゼクト:現状は10とかあっても持っていけないもんねぇ
テルル:持っていくならかなり選別しないとですね……強いは強いんですが
 《疾風怒涛》でみんな私の行動タイミングで動くとか(

ゼクト:おそろしい
アクラ:はやい

テルル:成長関係は決まったから後はまったり感?
フロンティア:ですねー いちおうオープニングはできましたけど
 予告の内容以上には進まないので!

テルル:オープニング……!
アクラ:おー 捕縛される
ゼクト:手が後ろに
フロンティア:タイーホ!
テルル:ちがうんですけいじさん……
フロンティア:ガシャーン! AA略
アクラ:アー
 がしゃんがしゃん(牢屋

テルル:(アクラさんががしゃんがしゃんしている光景……なんだかデジャヴが……
アクラ:鉄柵を掴んでだしてくださいするんですねわかります
フロンティア:主人公から囚人公に
アクラ:仕方ないのでほとぼりさめるまで牢屋の中掃除でもするか(筋トレでも可
 寝て過ごす気もしなくもない

テルル:アクラさんたくましいです……
ゼクト:シーフとか牢屋にいれるのどうするんだろうね、鍵あけるし
テルル:魔法の鍵と二重で……?(
アクラ:鍵開けかー、脱獄もまずいかな(状況次第?
テルル:状況次第でしょうか……
フロンティア:牢屋での行動で今後の何かが変わるんじゃないでしょうか
テルル:あわわ
アクラ:ぶんきがここに
 よく分からないけど釈放されるまで寝そう(がんばろう

テルル:基本的にはすみっこでおとなしくしていそうな
 がんばりましょう……


GM:ではもっかい今回予告をだしつつ

 今回予告
 ロココ町へもどってきた4人を待っていたのはフラボノとラスク
 ではなく街の憲兵だった
 突然突きつけられた憲兵からの出頭命令
 それは町長の宝石を盗んだという身に覚えのないものだった
 二つの宝石を渡すように言われる4人
 そしてそのまま牢獄へと送られてしまうのだった
 一体何が起こっているのか、ティアストーンを狙う真の敵が姿を現す

 アリアンロッド・モンコロリターンズ
 第4話「薔薇の盗賊団」
 冒険の舞台が君を待つ!!


ゼクト:(;゛゜'ω゜'):キャー
テルル:あうぅ
アクラ:ラスクさん大丈夫かな・・・
フロンティア:大丈夫ですよ! まだでませんから!
テルル:ひっぱりますね……!
GM:ということでセッションを開始しマース
一同:よろしくお願いしますー


◇◆◇◆オープニングフェイズ:突然のギルティ◇◆◇◆

GM:登場は全員 場所はロココ町ギルドハウス
 帰ってみるとフラボノの姿は見当たら
 ずかわりに衛兵がギルドハウス前に立っていた
 近づいてきた君たちへ憲兵から突きつけられた物とは

フロンティア:あいむのっとぎるてぃ!
テルル:のっとぎるてぃ!
 いったい何が……?

アクラ:町長やジョバンニさんとは別に戻ってきたのか
 なんだろう?

GM:初代様リスペクトかな
 憲兵がギルドハウス前に登場

テルル:やましいことはないですがなんだかこわいので
 アクラさんの陰から様子をうかがっています

憲兵:「お前たちが……」
フロンティア:GMがギルドネーム忘れて見に行きましたよ ひそひそ
アクラ:w
テルル:あんまり名乗らないから……!
ゼクト:うん(
憲兵:[運命の導き手(フェイト・インジケーター)]だな!
 お前たちに窃盗の容疑がかけられている。事情聴取をさせていただこう」
 ずずーんと威圧的なおっさんです

テルル:「せ、窃盗……!?」
アクラ:「せっとう・・・?」
ゼクト:してないよってぷるぷる首を振ってます。
テルル:「待ってください、私達そんなことしてません。
 何かの間違いでは……」おろおろ

憲兵:「町長の所有する宝石が盗まれたのだ、知らないとは言わせないぞ!」
GM:そういうとティアストーンと思しき宝石の書かれた紙を4人へと突き出した

ゼクト:「知らないし初耳だよ!」
テルル:こくこく
アクラ:「町長さん、そんな話してなかったが……盗まれたのは大変だな」
憲兵:「お前たちが持っているという目撃情報もあるのだ、とりあえず役所へ来てもらおうか!」
ゼクト:あーれー(
フロンティア:「どうしましょう?
 身に覚えはないのですし追い払うならやりますよ!」

アクラ:「うーん、石違いだとは思うが……。
 何か協力できるなら行った方がいい・・・か?」

テルル:「勘違いだとわかれば解放してもらえると思いますが……
 事を構えると後が大変そうですね……」

ゼクト:国家権力コワい
アクラ:一応ようじんぼうなんだよな
テルル:ですね……ひとまずおとなしくついていくかまえです
 予告にもそうかいてあるし!(

ゼクト:予告=予言(
フロンティア:GMにやさしい
アクラ:「町長さんの盗まれたもの探す手伝いもできるかもしれないし、行くだけ行ってみよう」誤解とけるといいんだが
 一応ジョバンニさんに連絡だけしていこう。

GM:ではおとなしくついていくということで場面は変わり役所へ
 役所に入ると空調が入っていないのか少し蒸し暑い

テルル:むしむし
アクラ:あついのか
GM:4人はそのまま町長の部屋へと通される
 そこには椅子に座った町長と思しき男と秘書のローズが待っていた

アクラ:(かつ丼出てくるような部屋に通されると思ってた
テルル:町長と思しき……?
ゼクト:<><>じーっ
町長:「どーもどーも わたくしが町長でございます」
テルル:口調が違う!? あれ……? って戸惑ってます
アクラ:「町長さんのものが盗まれたって聞いたんだが……」
 違和感に気付けるくらい見た目に変化とかあるか・・・?

GM:町長の見た目は特に変化はありません 汗一つかかずびしっとしてますよ
ゼクト:(町長さんってごろっと宝石を家に持てるぐらいもうかるのかなーって思いながら見てる(じーっ
ローズ:「どうもみなさん、今回はなにやら手違いがあったようで。
 町長の所有する宝石とあなた方の持つ宝石が似ていたという報告から
 このようなことになってしまったようなのです、
 私たちもつい先ほど聞いたばかりでして」

テルル:「では勘違いだとわかっていただけるんですね……?」ほっと
ローズ:「ええ、ですので確認のため
 あなた方の持つ石を確認させていただいてよろしいかしら?」

テルル:確認……
アクラ:そういえば特徴(?)書かれた紙にはなんて書いてあったんだ?
(見た目とか特徴とか個数とか

GM:ティアストーンの形状を考えようのコーナーです
 ピンクの石とは言った記憶があるな

アクラ:うっすら光ってた気がするな
テルル:名前からして涙滴状かと
ゼクト:ティアドロップカットいいよね
GM:涙滴型でピンク色 淡く発光 数は2つ こうだな!
テルル:「…………(限りなくティアストーン……)」
アクラ:「ドロップとかもあるからな……売ったものでなければいいんだが……
 とりあえず手持ちのでそれらしいのを探してみるよ」
 2つかー 今それぞれ1つずつ持ってる感じだな

テルル:ですね……
アクラ:誰がどれを持ってるとかも石によって微妙に特徴が違うとかもなさそうなら、とりあえず1個出してみよう
テルル:どきどき
アクラ:「一番似てるのは……これが近いか?」と秘書さんに見せようか
GM:ではティアストーンを見たローズは薄く笑い
アクラ:・・・ん?
ローズ:「間違いありませんか町長?」
町長:「どーもわたくしが」ッガ!
「間違いありません盗まれた宝石です」ピー

テルル:!?
ゼクト:雑音が(
テルル:「え……ちょ、町長さん……!?」色んな意味でわたわた
GM:次の瞬間部屋へ突入してくる憲兵 あっという間に囲まれると
ゼクト:(机の下に隠れよう(びっくりした
テルル:おろおろ
アクラ:「え、いやこれは」なんか町長さんの様子が
憲兵:「やはり盗まれた宝石だったようだな!
 さあおとなしく返しなさい。君たちを拘束させてもらおう」 

アクラ:「これは冒険した先で見つけたものなんだが……」
 話を聞いてくれない感じかな……

テルル:「そうです、町長さんの宝石とはきっとたまたま似ていただけで……」ううぅ
GM:もちろん話は署の方で聞かせてもらおう 状態ですぞ
フロンティア:「っく! 予告で捕まったって書かれていなければ強行突破できるのですが」ぐぬぬ
テルル:予告つよい
アクラ:「うーん、誤解だと思うんだが……」
 じゃあテルルからもらって兵さんに預けよう

テルル:「誤解……だといいんですがなんだか……」もごもご
ゼクト:机の下で納得行かない、ぶーぶーってしてます(こっそり
アクラ:じゃあ憲兵さんについていこう
「そのうち町長さんの宝石が見つかって、誤解が解けるかもしれないしな」

GM: それはどうかな?
アクラ:!?
テルル:あうう……!
GM:こうして予告通り4人はティアストーンを取られ 牢獄へと連れて行かれてしまったのでした
 ってところでオープニングは終了だよ!



  →4話ミドルへ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。